農水省経営局長賞を受賞 ㈱永吉ファーム、奄美初の快挙 全国優良経営体表彰

全国優良経営体表彰で農林水産省経営局長賞を受賞した永吉ファームの永吉さん(中央)=14日、徳之島町役場

全国優良経営体表彰で農林水産省経営局長賞を受賞した永吉ファームの永吉さん(中央)=14日、徳之島町役場

 【徳之島総局】2018年度全国優良経営体表彰(農林水産省、全国担い手育成総合支援協議会主催)の生産技術革新部門で、鹿児島県代表の㈱永吉ファーム(徳之島町、永吉輝彦代表取締役社長)が次席にあたる農林水産省経営局長賞を受賞し、14日、徳之島町役場で表彰状の伝達式があった。優良担い手表彰から全国優良経営体表彰へ名称変更された10年度以降、奄美群島からの受賞は初めて。

 

 表彰は、意欲と能力のある農業者の一層の経営発展を図ることが目的。都道府県などが推薦する優良事例のうち、経営改善、6次産業化、販売革新など6部門で表彰している。

 

 永吉社長は1989年に生産牛8頭で畜産業経営を始めた。農業制度資金などを活用しながら規模を拡大し、2015年度に法人化。現在は役員、アルバイトを含む従業員10人で372頭を育てており、大島地区で最大規模の肉用牛経営を展開している。

 

 作業の省力化と経営効率化を図るため、子牛哺乳ロボットや発情発見装置や分娩監視装置など繁殖管理システムの導入など、最先端の情報通信技術(ICT)を活用。経費の大半を占める飼料費低減に向け、飼料用トウモロコシの二期作栽培方法を確立するなど、飼料自給率向上にも貢献している点などが評価されたという。

 

 高岡秀規町長が表彰状を伝達し、「畜産業を引っ張る成功事例を作っていただき、若い人の見本や地域経済を支える会社になってほしい」と激励。永吉社長(50)は「株式会社化してまだ3年だが、10年後には繁殖頭数1千頭を目指している。いずれは最高賞を取れるような会社になり、日本の食料生産の担い手として頑張っていきたい」と述べた。