金賞は㈱カイセイ(奄美市) 第5回マンゴー品評会 奄美大島・喜界島

20点を厳正に審査した第5回奄美大島・喜界島マンゴー品評会=2日、奄美市

20点を厳正に審査した第5回奄美大島・喜界島マンゴー品評会=2日、奄美市

 県園芸振興協議会大島支部主催の第5回奄美大島・喜界島マンゴー品評会は2日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場であった。6市町村から20点が出品され、金賞に奄美市の㈱カイセイを選んだ。

 

 事務局の県大島支庁農政普及課などによると、今期産の果実は昨年の台風被害や冬の高温、長い梅雨など気象の影響が心配されたが、平年並みの出来。出品数は昨年より2点多かった。

 

 市町村別の出品数は奄美市8点、大和村2点、瀬戸内町1点、宇検村2点、龍郷町3点、喜界町4点。県農業開発総合センター大島支場の德永太藏支場長を審査委員長に審査委員6人が果皮の着色や障害、玉ぞろい、糖度を審査した。

 

 出品されたマンゴーの平均糖度は15・5度で、最高は金賞作品の18・7度。德永支場長は「ここ数年、平均糖度が15・5度を超えており、生産者の技術向上がうかがえる」と講評し、「惜しくも受賞を逃した皆さんも引けを取らない果実だった。どこに差が出てしまったのか、情報交換してほしい」と呼び掛けた。

 

 金賞に輝いた㈱カイセイは「初めての受賞でうれしい」とコメントを寄せた。

 

 出品されたマンゴーは、「奄美まつり」(奄美市)舟こぎ競争の副賞や「やけうちどんと祭り」(宇検村)の抽選賞品として活用される。

 

 同支部によると、奄美大島と喜界島の2019年産マンゴーの生産戸数は171戸、生産面積は18・6ヘクタール。生産量は前年比5・09トン増の98・3トンを見込んでいる。

 

 金賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

 

 ▽銀賞 中果樹園(龍郷町)▽銅賞 ㈲奄美興島園(奄美市)高木智之(喜界町)▽審査員特別賞 榮貴之(奄美市)