今期の共販目標16.5㌧/奄美プラム

今期産の共販取り扱い目標などを決めた奄美プラム販売対策会議=18日、大和村

今期産の共販取り扱い目標などを決めた奄美プラム販売対策会議=18日、大和村

 2017年産奄美プラム(スモモ)販売対策会議(JAあまみ大島事業本部主催)が18日、大和村であった。天候不良などで生育が遅れており、今期産の共販取り扱い目標は16・5㌧(前年実績40・1㌧)に設定。1㌔当たり単価は400円(同443円)、金額660万円は(同1884万2千円)を見込んでいる。