ラグビー交流の伝統、受け継ぐ 大島と甲南の両高校、龍野カップ

大島高と甲南高のラグビー部員が試合を通じて交流を深めた「龍野カップ」=14日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場 

大島高と甲南高のラグビー部員が試合を通じて交流を深めた「龍野カップ」=14日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場

 奄美市の県立大島高校と鹿児島市の県立甲南高校のラグビー部が毎年実施している交流試合「龍野カップ」が14日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場であった。今年度は10回目の記念試合で、両校の部員は互いの技術を高め合いながら交流を深めた。

 

 龍野カップは、第二鹿児島中学校(現甲南高)の卒業生で大島中学校(現大島高)の第8代校長を務めた故龍野定一氏の功績を記念し、龍野氏の子息で元関東ラグビーフットボール協会会長の龍野和久氏が呼び掛けて2011年度にスタートした。

 

 当時、甲南高教頭だった現鹿児島市教育長の杉元羊一氏が甲南高ラグビー部OBで大島高ラグビー部創部時の顧問だった縁もあり、県本土と奄美大島で交互に続けられている。

 

 今年度は当初、昨年5月に奄美大島で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。新型コロナの感染状況などを考慮した結果、県立高校の入学試験に伴う生徒たちの休み期間に合わせて開かれた。

 

 当日は汗ばむ陽気となり、部員はボールを追いながらフィールドを疾走。激戦の結果、大島高が24│5で勝利した。

 

 大島高ラグビー部は今年度で創部30周年を迎え、部活動としても節目の年。来賓として招かれた杉元氏は「創部時は他の運動部の練習場所を間借りするなど恵まれない状況だった。そうした中でも一生懸命部活動に取り組んだ先輩たちの志を受け継いでいることをうれしく思う」と述べ、同部の発展に期待した。

 

 大島高の常田悠将主将(2年)は「甲南高との縁を大切に、これからも龍野カップが続くことを願う。先輩たちの伝統をしっかり受け継ぎながら部活動に取り組みたい」と話した。