代替大会決定、6月下旬から 県高野連、地区予選経て16強戦

地区予選の実施などについて説明する県高野連の月野会長(左)=5日、鹿児島市

地区予選の実施などについて説明する県高野連の月野会長(左)=5日、鹿児島市

 鹿児島県高校野球連盟(月野功会長)は5日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった全国高校野球選手権鹿児島大会の代替大会となる2020県夏季高校野球大会の開催を決めた。大島地区を含む県内7地区で予選を行い、各地区の代表計16校で決勝トーナメントを行う。地区予選は6月下旬から7月上旬にかけて行い、決勝トーナメントは7月22~28日に鹿児島市の平和リース球場と鴨池市民球場で行う。地区予選の日程や会場など詳細は今後、各地区の状況などに応じて決める。

 

 今年夏の第102回全国高校野球選手権大会と、代表49校を決める地方大会の中止を受け、県高野連は代替大会開催の可能性を検討していた。5日、臨時役員会・常任理事会を開いて代替大会の開催を決定。月野会長らが鹿児島市の県庁で記者会見し発表した。

 

 月野会長は「代替大会の開催については、すべての参加者や関係者の健康と安全を最優先する基本方針に基づき、県や医療機関など関係者の判断を踏まえて決定した」と説明。広大な面積や離島が点在する県の特性も踏まえて地区予選を設定した。宿泊期間の短縮などで新型コロナウイルス感染防止や部員の健康維持、練習不足によるけがの防止などを図る。

 

 予選は▽鹿児島市▽南薩▽北薩▽姶良伊佐▽大隅▽熊毛▽大島―の各地区で実施。決勝トーナメントへの代表校数は、出場校など地区別の状況を考慮して決める。

 

 日本高野連の指針に基づき開会式や閉会式は行わず、原則として無観客試合とするが、控え部員や保護者の入場は認めるという。

 

 月野会長は「甲子園大会の中止で、目標を失いかけた生徒もいるのではないか」と述べ、「(代替大会への出場で)練習の成果を見せてほしい」と話した。

 

 県高野連は同大会のほか、軟式の2020県夏季高校軟式野球大会を鴨池市民球場で開催する。日程は7月17~20日で、トーナメント方式で行う。