全国大会出場の赤木名中相撲部を激励

優勝旗を持った肥後主将を先頭に入場する赤木名中相撲部の選手ら=13日、笠利公民館

優勝旗を持った肥後主将を先頭に入場する赤木名中相撲部の選手ら=13日、笠利公民館

 全国中学校相撲選手権大会(22~23日、青森県十和田市)に出場する赤木名中相撲部の壮行会(笠利町相撲連盟主催)が13日、奄美市笠利町の笠利公民館で開かれた。町内外から100人以上が詰め掛け、会場は満席。団体戦に臨む選手5人を激励した。赤木名中相撲部は肥後碧葉、松元亜斗夢、武田千海、堀内孔明(いずれも3年)と里啓佑(2年)の5人が団体戦のメンバー。