名瀬小児童ら旗振り体験 五輪・パラのフラッグツアー

パラリンピックの旗振り体験をする児童=20日、名瀬小学校

パラリンピックの旗振り体験をする児童=20日、名瀬小学校

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて全国を巡回するフラッグツアーのイベントが20日、奄美市の名瀬小学校(福田章二校長、児童387人)であった。児童らは五輪、パラリンピック旗の由来や意味を学び、旗振り体験もした。
 両旗は23日まで名瀬総合体育館に展示され、25日に県内最後の霧島市を巡回後、沖縄県に向かう。