喜界、沖永良部ともに敗退 高校野球

 

 

【1回戦・喜界―鹿屋】一回裏、大山の適時打で保が生還して2点目が入る=6日、県立鴨池球場

【1回戦・喜界―鹿屋】一回裏、大山の適時打で保が生還して2点目が入る=6日、県立鴨池球場

 【鹿児島総局】第96回全国高校野球選手権鹿児島大会(県高校野球連盟など主催)は6、7の両日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の2球場で1、2回戦計12試合があった。奄美勢は喜界と沖永良部が出場。喜界は鹿屋と対戦して初回に2点先制したものの、逆転されコールド負け。沖永良部は川薩清修館と接戦の末に敗れた。8日は同球場で2回戦6試合があり、奄美、与論、大島北が出場する。