団体高学年は住用/わんぱく相撲

熱戦を繰り広げた団体高学年決勝戦=1日、瀬戸内町古仁屋の大湊緑地公園相撲場

熱戦を繰り広げた団体高学年決勝戦=1日、瀬戸内町古仁屋の大湊緑地公園相撲場

 第26回わんぱく相撲奄美大島場所in瀬戸内(奄美大島青年会議所主催)は1日、瀬戸内町古仁屋の大湊緑地公園相撲場であった。団体の高学年は住用相撲クラブA、低学年は瀬戸内少年相撲クラブAが優勝した。学年別個人戦は4年で福崎真逢輝(住用相撲クラブ)、5年で徳田理來(朝日相撲SP)、6年で新島伊武起(住用相撲クラブ)がそれぞれ制し、全国大会(7月31日、東京・両国国技館)への出場を決めた。