大島、九州高校野球出場逃す

 第136回九州地区高校野球大会鹿児島県予選(県高校野球連盟主催)は3日、県立鴨池球場で準決勝2試合があり、樟南とれいめいが決勝進出を決めた。大島は初の決勝進出と昨年春に続く九州大会出場を目指したが樟南に七回コールド負け。奄美出身4選手を擁する樟南は10季ぶり45回目、出身選手1人を擁するれいめいは40季ぶり6回目の九州大会出場となる。決勝は4日、同球場で行われる。
 ◇準決勝
大島0000000|0
樟南412002×|9
(大)前山、渡―上原
(樟)畠中、浜屋―前川
▽三塁打 上園(樟)▽二塁打 今田、牧、畠中(樟)

七回表1死2塁。泉の安打で白井が本塁に突入するがタッチアウト=3日、県立鴨池球場

七回表1死2塁。泉の安打で白井が本塁に突入するがタッチアウト=3日、県立鴨池球場