太陽が丘ウオーキング 奄美市笠利町

188人が参加した太陽が丘ウオーキング=2日、奄美市笠利町

188人が参加した太陽が丘ウオーキング=2日、奄美市笠利町

 第9回海の道太陽が丘ウオーキング(一般財団法人奄美市開発公社主催)が2日、奄美市笠利町であった。市内外の未就学児から一般まで188人が参加し、自然景観を楽しみながら思い思いのペースで歩を進めた。

 

 太陽が丘総合運動公園を出発し、隣の笠利農村環境改善センターにゴールする2コース(大瀬海岸を通り、土盛集落付近から農道などを周遊する7・5㌔と、あやまる岬観光公園などを通る11・5㌔)を設定。参加者全員が完歩した。

 

 ゴール後は、同センターでイセエビや卵などが当たるお楽しみ抽選会もあった。

 

 奄美市笠利町の平山美優さん(8)は父剛太さん(41)と7・5㌔に初挑戦し、「いつも歩かない道をウオーキングして楽しかった。完歩できてよかった」と笑顔で話した。