奄美出身者が活躍=九州高体・相撲

  2014年度全九州高校体育大会の相撲競技は6日、福岡県の福岡久山相撲場であった。団体は希望が丘(福岡)が制し、楊志館(大分)が準優勝、鹿児島商業と文徳(熊本)が3位だった。個人では80㌔以上100㌔未満級で樟南3年の前田風海矢(亀津中出身)が2位、文徳1年の大庭廉太郎(東城中出身)が3位だった。

 団体3位の鹿児島商業の奄美出身選手は中堅・池田福也(3年、赤木名中出身)、副将・榮順平(1年、同)、大将・徳島幸輝(2年、同)、交代・吉村優樹(2年、東城中出身)。文徳の大庭は大将を務めた。