奄美3世・納U18アジア野球で決勝打

大会MVPを受賞し喜ぶ納大地(提供写真)

大会MVPを受賞し喜ぶ納大地(提供写真)

 4日に台湾の台中であった野球のU―18(18歳以下)アジア選手権決勝で日本は台湾に1―0で競り勝ち、2大会ぶり5度目の優勝を果たした。

 日本は六回2死一、三塁から祖父母が奄美出身で奄美3世の納大地(奈良・智弁学園3年)が決勝の右前適時打を放った。