安田さん(奄美市出身)が壮年∨ 「記念の大会でうれしい」 沖縄県空手道選手権

優勝を祝う安田さん(右)と与論町出身の入来武久師範(提供写真)

優勝を祝う安田さん(右)と与論町出身の入来武久師範(提供写真)

 奄美市名瀬出身のアカペラグループ「ヤナギヤクインテット」メンバー「チョモ」さんこと安田義生さん(57)が3月31日、那覇市であった沖縄県初開催のフルコンタクト空手「第1回沖縄県空手道選手権」(新極真会沖縄支部主催)の壮年3部で優勝した。安田さんは「記念となる第1回大会で優勝できてうれしい」と笑顔を見せた。

 

 安田さんは旧大島工業高校OBで現在、東京都在住。中心メンバーとしてグループを立ち上げ、1990年にメジャーデビューを果たした。グループではバスボーカルを担当し、張りと深みのある歌声でハーモニーを支えている。

 

 新極真会の緑健児代表(56)=瀬戸内町=の誘いで約7年前に競技を始め、現在段位は1級。新極真会東京城南川崎支部に所属している。昨年12月の関東大会に続いての連続優勝となった。

 

 安田さんは「50歳をすぎて打ち込めることがあるのは素晴らしいこと。練習を支えてくれる道場仲間のおかげ」と周囲への感謝を述べ、「8月に東京であるドリームフェスでも優勝を目指したい」と次の目標を掲げた。