岡前の松山、平泳ぎ2冠 バタ5位、県小学生学年別大会

男子小学5年の平泳ぎ2種目を制した松山

男子小学5年の平泳ぎ2種目を制した松山

 鹿児島市水泳協会主催の第28回小学生学年別選手権秋季水泳大会が11日、鹿児島市の鴨池公園プールであった。県内の小学1~6年生約400人が出場。奄美関係では男子の小学5年平泳ぎ50メートルと100メートルで松山翔太郎(伊仙水泳、岡前小)が優勝した。松山はバタフライ50メートルでも5位に入った。大会は男女、学年別の11種目で争われた。

 

 2冠に輝いた松山は、4年生まで沖縄県に住んでいた。沖縄時代の平泳ぎ50メートル、100メートルのベストタイムはそれぞれ38秒台と1分27秒台。今回の記録にについて「沖縄にいた時より遅くなったけれど、新型コロナの影響で3カ月近く練習ができなかったので仕方ない。これから頑張って練習してタイムを戻し、6年生までにはそれぞれ36秒台、1分20秒台が出せるようになりたい」と話した。

 

 【男子】〈小学5年〉▽平泳ぎ50メートル ①松山翔太郎(伊仙水泳)41秒25▽同100メートル ①松山翔太郎(同)1分30秒98▽バタフライ50メートル ⑤松山翔太郎(伊仙水泳)39秒57