川畑(和泊中出身)男子79キロ級準V レスリング全日本選抜選手権

男子フリースタイル79㌔級で準優勝した川畑孔明(提供写真)

男子フリースタイル79㌔級で準優勝した川畑孔明(提供写真)

 レスリングの全日本選抜選手権大会(日本レスリング協会主催)は13~16日、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館であり、男子フリースタイル79キロ級で和泊中出身の川畑孔明(東洋大4年)が準優勝した。

 

 川畑は172センチ。和泊中、樟南高を経て東洋ダ大に進学。昨年の全日本レスリング選手権大会のフリースタイル79キロ級で3位入賞した。

 

 今大会のフリースタイル79キロ級は4人によるリーグ戦。川畑は優勝した高橋(京都・網野高)に初戦で惜敗したものの、2戦目以降は得意の片足タックルなどを駆使し、連勝した。

 川畑は「優勝を目指していただけに悔しい。初戦では緊張もあり、相手の技に対応が遅れた。その後は気持ちを切り替えて挑んだが、応援してくれた皆さんに申し訳ない。8月の全日本学生レスリング選手権大会では優勝を」と話していた。

 

 【フリースタイル79㌔級】▽リーグ 井筒(拓大)10―0=Tフォール3分59秒=赤地(アカチコーポレーション)、高橋(京都・網野高)5―4川畑孔明(東洋大、和泊中出身)、高橋7―6井筒、川畑孔明10―0=Tフォール、3分14秒=赤地、川畑孔明5―3井筒、高橋10―0=Tフォール、3分49秒=赤地

 

 ▽順位 ①高橋3勝②川畑孔明2勝1敗③井筒(拓大)1勝2敗