市来崎大が5年連続∨/奄美相撲選手権、120人出場

好取組が多かった小学6年の部。決勝は濱口(朝日)がよりたおしで栄(住用)を下す=23日、大湊緑地公園相撲場

好取組が多かった小学6年の部。決勝は濱口(朝日)がよりたおしで栄(住用)を下す=23日、大湊緑地公園相撲場

 第19回奄美大島相撲選手権大会(県相撲連盟大島支部主催)は23日、瀬戸内町古仁屋の大湊緑地公園相撲場で開かれた。奄美大島、徳之島などから未就学児―一般の約120人が出場。年代別に競い、小学4年の部の市来崎大祐(徳之島相撲クラブ)が5年連続、中学1年の白松俊亮(亀津中)が4年連続の優勝を果たした。