廣尾(亀津中出身)の鳥取城北が連覇/全国選抜高校相撲

無敗で団体優勝に貢献した鳥取城北の廣尾主将(写真左端)=提供写真

無敗で団体優勝に貢献した鳥取城北の廣尾主将(写真左端)=提供写真

 第57回全国選抜高校相撲宇佐大会が7日、大分県の宇佐市総合運動場宇佐相撲場で開かれた。全国から団体42チーム、個人に166人が出場。団体は廣尾達成(3年、亀津中出身)が主将を務める鳥取城北が2年連続、4度目の優勝を果たした。廣尾は団体で予選、決勝トーナメントとも無敗でチームを引っ張り、個人でも8強と活躍した。