徳之島が2季連続V-大島地区高校野球

SP大島地区高校野球最終日140604向 2014年度春季大島地区高等学校野球大会(県高等学校野球連盟主催)最終日は4日、奄美市の名瀬運動公園市民球場であり、決勝で徳之島が大島を7―2で下して昨年の秋季大会に続き、2季連続優勝を飾った。

 決勝は二回表に大島が1死二塁から備、前山の連続安打で2点を先制。徳之島はその裏、福本の三塁打を皮切りに豊山、山下の適時打や相手守備の乱れを突いて一挙6点を奪い逆転した。徳之島は五回にも三塁打で出塁した山下が福本の左前打で生還し1点を追加。投げては主戦・福本が要所を締める投球で大島打線に追加点を許さなかった。
 ◇準決勝第1試合
喜界
050000000|5
001100103|6
徳之島
(喜)山倉、柳―保
(徳)福本、吉見―新田和
▽三塁打 豊山(徳)、山倉(喜)▽二塁打 新田雄(徳)
SPサイド(大島地区高校野球優勝の徳之島)140604向 ◇同第2試合
与論
001000000|1
20002000×|4
大島
(与)松村、有村―市山
(大)武田一―備
▽三塁打 竹山(大)▽二塁打 中田(大)
 ◇決勝 
大島
020000000|2
06001000×|7
徳之島
(大)前山、渡―備
(徳)福本―新田和
▽三塁打 備(大)、福本、山下(徳)▽二塁打 前山(大)、福本(徳)

 〈写真:決勝・徳之島―大島。徳之島は二回2死一、三塁から相手守備の乱れを突いて三塁走者が生還。5―2とする=4日、奄美市の名瀬運動公園市民球場)