栄さん、メダリスト育成法を紹介

栄さんと3選手がユーモアを交えた掛け合いで会場を沸かせたトークイベント=20日、奄美市笠利町の県奄美パーク

栄さんと3選手がユーモアを交えた掛け合いで会場を沸かせたトークイベント=20日、奄美市笠利町の県奄美パーク

  県奄美パークの開園15周年を記念した文化講演会が20日、奄美市笠利町の同パークであり、同町出身で日本レスリング協会強化本部長の栄和人さん(56)と吉田沙保里、登坂絵莉、土性沙羅の五輪メダリスト3選手がトークイベントを展開した。奄美市内外から老若男女約800人が詰め掛けて大にぎわい。栄さんは選手指導の考え方として「感情のままに怒るのではなく、選手のためを思って叱ることが大事」と述べたほか、吉田さんら3選手も目標や夢を持つことの大切さを訴え、子どもたちは目を輝かせて聞き入った。