樟南が団体制す・相撲─県高校新人戦

団体を制した樟南。前列右から牧園、渡、時永。後列右から磯、太村=提供写真

団体を制した樟南。前列右から牧園、渡、時永。後列右から磯、太村=提供写真

 2015年度鹿児島県高校新人体育大会(県高校体育連盟など主催)は31日、日置市で相撲、薩摩川内市で男子バドミントンがあった。相撲の団体は3校がリーグ戦で競い渡雄大(住用中出身)、磯晃城(古仁屋同)、牧園慶悟(北同)の3人で臨んだ樟南が全勝優勝。個人の無差別級は磯、個人80㌔以上100㌔未満級は渡が制した。男子バドミントンは個人単があり、奄美勢では山下爽、林山大祐(ともに大島)が16強と健闘した。大会は11月3日から男子ソフトテニスが始まる。