球団関係者が指名あいさつ/原(喜界高出身)「うれしさ実感」

原選手(中央)と握手を交わすスカウトの鳥原さん(左)と松田さん=4日、第一工大

原選手(中央)と握手を交わすスカウトの鳥原さん(左)と松田さん=4日、第一工大

 プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから指名を受けた原泉選手(22)=喜界高校卒、第一工大=への球団指名あいさつが4日、霧島市国分の同大学で行われた。原選手は「指名していただいたうれしさをあらためて実感した。早く1軍でプレーして恩返ししたい」と力を込めた。

 指名あいさつには同球団からチーフスカウトの鳥原浩二さん、スカウトの松田慎司さんの2人が訪れた。同大工学部の山尾和廣部長と、硬式野球部の岡留浩紀監督が立ち合い、約20分間の会見が行われた。
 原選手を指名した理由を尋ねられた鳥原さんは「原君はわれわれがずっと探していた『和製の大砲』になる可能性がある」と回答。「厳しい世界だが努力を続け、バレンティンを超えるようなバッターに育ってほしい」と期待を込めた。