相撲、県体18年連続V

個人、団体と活躍した選手たち=20日、吹上浜公園相撲場

個人、団体と活躍した選手たち=20日、吹上浜公園相撲場

  第69回県民体育大会は20日、鹿児島市などで正式21競技があった。大島は相撲の団体3部門を制して総合18連覇を果たし、ソフトボール女子で3連覇を達成したほか、軟式野球、バレーボール男子で優勝した。全空連空手道は昨年に続き総合2位となり、個人の形で福田光宏(成年男子)、森永あすか(一般女子)、組手で棚窪優樹(成年男子)がそれぞれ優勝を飾った。バスケットボール男子とハンドボールの男女も準優勝。陸上では少年の男子1500㍍で南俊希が優勝するなど奄美勢が活躍した。大会は水泳(10月18日、奄美市)を除き、正式24競技が終了した。