相撲団体 赤木名2年ぶり優勝/県中学総体

【個人ベスト同点決勝】上手投げで優勝を決めた朝日の濱口(手前)=26日、奄美市住用町の奄美体験交流館

【個人ベスト同点決勝】上手投げで優勝を決めた朝日の濱口(手前)=26日、奄美市住用町の奄美体験交流館

 【鹿児島総局】2017年度鹿児島県中学校総合体育大会(県中学校体育連盟など主催)は26日、鹿児島市と奄美市などで相撲、水泳、柔道、バレーボール、バスケットボール、卓球、軟式野球、新体操があった。相撲の団体は赤木名が2年ぶりに優勝。水泳は男子の平泳ぎ200㍍を池田匡佑(与論)が制した。バレーボール男子は朝日・田検が決勝リーグに勝ち進んだ。バスケットボールは金久が3回戦に進出した。卓球は男子の個人単があり、吉村(東城)のベスト8が最高だった。軟式野球は喜界が準々決勝で涙をのんだ。27日は軟式野球、バレーボール、バスケットボールが続開するほか剣道が始まる。