相撲17連覇、女子ソフト2連覇/県民体育大会の大島地区

団体出場の6人全員が負けなし。大島青年、成年の部のメンバー=21日、健康の森公園相撲場

団体出場の6人全員が負けなし。大島青年、成年の部のメンバー=21日、健康の森公園相撲場

 第68回県民体育大会は21日、県本土の9市町村で正式23競技があった。大島地区は相撲の団体3部門を制して総合17連覇を達成した。個人も少年の部、青年の部で3位までを独占した。ソフトボールは大島の女子が2連覇を果たした。
 ソフトボール男子と軟式野球は雨天中止で他チームと同時優勝だった。空手道は総合2位。男子バスケットボール、柔剣道も準優勝を果たした。カヌー女子、バレーボール男子、ハンドボール女子が3位と健闘。水泳は50歳以上25㍍背泳ぎで森下順子(大島)が大会記録を更新した。大会は陸上(11月16日、奄美市で開催)を除き、正式24競技を終了した。

奄美の輝き