県下一周駅伝・大島総合10位

ゴールに飛び込む大島のアンカー愛甲=18日、鹿児島市役所前

ゴールに飛び込む大島のアンカー愛甲=18日、鹿児島市役所前

 第62回県下一周市郡対抗駅伝競走大会(県、鹿児島陸上競技協会など主催)は18日、大会最終日を迎えた。この日は南大隅町根占―鹿児島市役所の11区間114・9㌔で競い、大島は3区で主将の武田国拓が区間1位の力走を見せ、日間8位の6時間25分38秒でゴールした。総合順位は10位で前年より一つ順位を上げた。総合首位は姶良の31時間42分45秒。2位鹿児島に12分15秒差をつけ3連覇を果たした。