県小学生相撲で住用ク優勝

団体優勝した住用相撲クラブの選手(左から)福崎真逢輝、新島伊武起、西加陽斗、栄龍征=提供写真

団体優勝した住用相撲クラブの選手(左から)福崎真逢輝、新島伊武起、西加陽斗、栄龍征=提供写真

 第43回鹿児島県小学生相撲選手権大会(いちき串木野市、県相撲連盟主催)は25日、同市相撲競技場であった。県内から団体に8チーム、学年別個人に男女約60人が出場。団体は住用相撲クラブが優勝、奄美相撲チームが2位、徳之島が4位と奄美勢が上位を占めた。個人では2年生を除く5学年と女子を奄美勢が制し、上位入賞の12人が九州大会(9月13日、吹上浜海浜公園相撲場)への出場権を獲得した。