笠利が初優勝

【決勝・十回表】笠利、鈴倉将の二塁打で生還する二走の吉原大平=24日、市民球場

【決勝・十回表】笠利、鈴倉将の二塁打で生還する二走の吉原大平=24日、市民球場

 第38回南海日日旗争奪奄美市地区対抗野球大会は24日、奄美市の名瀬運動公園市民球場で準決勝、決勝があり、笠利が初優勝を果たした。決勝で笠利は、上方と判定戦までもつれ込む接戦を制した。大会最優秀選手(MVP)に送られる村山杯には笠利の佐々木芳晃投手が選出された。 
 【個人賞】▽村山杯(MVP)佐々木芳晃(笠利)▽20代最優秀選手 吉原大平(笠利)▽30代同 前山宗之(上方)▽40代同 達村正明(同)▽勝利監督賞 大川慎二(笠利)▽打撃賞 安田隼人(上方)12打数5安打