西加(朝日中)が無差別級優勝 全国中学相撲選手権大会

個人無差別級を制した朝日中の西加陽斗さん=5日、東京・両国国技館(提供写真)

個人無差別級を制した朝日中の西加陽斗さん=5日、東京・両国国技館(提供写真)

  第29回全国都道府県中学生相撲選手権大会は5日、東京の両国国技館であり、朝日中3年の西加陽斗さん(15)が個人無差別級で優勝した。この大会で鹿児島県勢が個人戦を制したのは初めて。

 

 2020年の鹿児島国体に向けて、中学生の競技向上に取り組む県相撲連盟大島支部の重村一人強化本部長(52)は「初優勝は大変うれしく、快挙だ。本人の頑張りはもちろん、監督やコーチの指導のたまもの」とたたえた。西加さんは「長年勝てなかった相手に勝ち、優勝できてうれしい」と喜びを語った。