23年国体、9月30日から 常任委で会期案承認 鹿児島

23年の鹿児島国体、障害者スポーツ大会の会期案を決めた常任委員会=28日、鹿児島市

23年の鹿児島国体、障害者スポーツ大会の会期案を決めた常任委員会=28日、鹿児島市

    新型コロナウイルスの影響で2023年への延期が決まった鹿児島県での国民体育大会(かごしま国体)と全国障害者スポーツ大会(かごしま大会)の実行委員会常任委員会が28日、鹿児島市の青少年会館であった。国体の会期を23年9月30日~10月10日、障害者スポーツ大会は同年10月21~23日とする会期案などを承認。両大会の会期は12月開催予定の第3回国体委員会で正式に決定される。実施競技の日程や会場は、関係機関や団体での協議を経て21年3月の第4回委員会で決定する。

 両大会については、今年9月に日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、県、スポーツ庁の4者が23年開催に合意し、今月8日に正式決定。名称も「第75回国民体育大会」から「特別国民体育大会」、「第20回全国障害者スポーツ大会」から「全国障害者スポーツ大会」とした。

 会期や実施競技については、9月にあった実行委員会第4回総会で「本年の日程をそのままスライドし会場も既に決定した会場の使用を基本とする」と説明していた。

 サッカー、ライフル競技、高校野球については、日本スポーツ協会が競技内容の一部で変更を提案。サッカー種目の「女子」を「少年女子」に変更し、ライフル競技に男女混合の「Mⅰⅹ種目」を新設、高校野球は参加県数の減で4日間から3日間に日程とする内容。これらも含め、競技日程や会場について市町村や競技団体へ提案する。

 常任委員会には県や市町村、民間団体から約40人が出席。承認した会期案については、11月上旬に日本スポーツ協会と日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁に提出し協議する。