D級は奄美車検センターがV 大島支部ソフト

D級優勝の㈱奄美車検センター=19日、名瀬運動公園多目的広場

D級優勝の㈱奄美車検センター=19日、名瀬運動公園多目的広場

 2018年度大島支部社会人ソフトボール秋季大会(鹿児島県ソフトボール協会大島支部主催)は19日、奄美市名瀬運動公園多目的広場でD級決勝があり、㈱奄美車検センターが大和ブラックラビッツを10―9で破り優勝した。

 

 ㈱奄美車検センターの森勇太監督代理 点の奪い合いで手に汗握る展開だったが、準々決勝から1人で投げ抜いた長谷投手の踏ん張りと、外野陣を中心とした守備で勝利をつかめた。野球未経験者ばかりのチームなので、とにかく楽しんでC級でも勝利を積み重ねたい。

 

 表彰式では、新調の優勝旗が川田光弘支部長から優勝チームに手渡された。C、D級で使われていた優勝旗は経年劣化で傷んでいたことから、㈱内外ゴム鹿児島営業所(中村能久所長)と㈱スポーツショップしまかわ(島川勝博社長)が8月、同支部に新たな優勝旗2本を寄贈した。

 

 【個人賞】▽最優秀選手賞 森勇太(㈱奄美車検センター)▽優秀選手賞 長谷茜(同)稲元太士(大和ブラックラビッツ)▽打撃賞 浜畑政紀(三洋&ひろ薬局)11打席9打数8安打=8割8分8厘▽勝利監督賞 辻井知広(㈱奄美車検センター)