伝説の格闘家、来島へ

ブラジリアン柔術 日本ブラジリアン柔術連盟会長で「伝説の格闘家」と評される中井祐樹さんを招いてのセミナーが2月28日と3月1日、奄美市である。主催する奄美ブラジリアン柔術クラブの仲谷大吾さん(40)=写真左=は「けがが少なく生涯スポーツといえる柔術。まずは見てほしい」と呼び掛けた。
 創始者の名を取りグレイシー柔術とも呼ばれる。柔道の寝技に近く護身術として習得する人も多い。セミナーには妻が奄美出身で柔術黒帯の早川信彦さんが参加。28日は地元奄美養心流の興一志師範による居合い斬り実演もある。
 昨年10月開催予定だったが台風で中止に。年明けに中井さんから連絡が入り、奄美セミナーを再設定した。仲谷さんとともに活動する島袋剛さん(34)=同右=は「スポーツ歴がなくても大丈夫。ぜひ多くの人に知ってほしい」と話した。
 28日は午後6時から旧大島工業高武道館、1日は午後3時から同市笠利町の太陽が丘運動公園武道館。参加料各3千円(両日参加は5千円)。電話090(3402)8160仲谷さん。