やんばるの推薦区域案明示、世界自然遺産科学委

沖縄本島北部の推薦区域案も示された世界自然遺産候補地科学委員会=27日、那覇市内のホテル

沖縄本島北部の推薦区域案も示された世界自然遺産候補地科学委員会=27日、那覇市内のホテル

  「奄美・琉球」の世界自然遺産候補地科学委員会(委員長・土屋誠琉球大学名誉教授、委員14人)が27日、那覇市内であり、沖縄本島北部(やんばる)の約5千㌶を推薦区域案とする方針が示された。登録の前提となる国立公園の設置に関するパブリックコメント(意見公募)を環境省が開始したのに伴い、西表島に続いて推薦区域案が明示された。2018年夏の奄美・琉球の遺産登録へ向け、同省は今年の夏までに奄美群島の国立公園指定に関して関係者の調整を終えて意見公募に着手したい考えを示した。