ヒカンザクラ「開花」 龍郷町

愛らしい紅色の花がほころび始めたヒカンザクラ=15日、龍郷町の長雲峠

愛らしい紅色の花がほころび始めたヒカンザクラ=15日、龍郷町の長雲峠

 龍郷町の長雲峠にある「奄美自然観察の森」でヒカンザクラがほころび始め、町は15日、開花を宣言した。昨年より7日遅い。2月中旬ごろに見頃を迎え、花見は3月中旬ごろまで楽しめそう。

 

 ヒカンザクラは同町の町木。名所として知られる観察の森に約260本、本茶峠の旧国道なども合わせて約1000本が植えられている。開花宣言を行った則敏光副町長は「コロナで大変な時だが、じっと耐えて頑張れば花開く。いい年になるよう祈念する」と話した。

 

 暖冬の影響で森周辺のサクラは例年より開花が2~3週間遅く、一分咲きほど。川畑力自然観察指導員(41)は「サクラを楽しみたい人は、2月に入ってから遊びに来てほしい」と呼び掛けた。