奄美トレイル、天城町コースが開通

林道の自然に親しみながら歩く参加者=11日、天城町当部

林道の自然に親しみながら歩く参加者=11日、天城町当部

 「世界自然遺産 奄美トレイル」の天城町コース開通式が11日、同町の当部地区であった。合わせてトレイルコースを活用したウオーキングイベントがあり、町内外から約150人が参加。自然に親しみながら思い思いのペースでウオーキングを楽しんだ。

 

 奄美トレイルは奄美の自然や文化を体感できる道のこと。県が2016年度から奄美各島でコース選定を進めている。本年度は天城町のほか、瀬戸内町(奄美大島側)、大和村、奄美市名瀬で開通した。

 

 天城町では①巨岩群と海の絶景を楽しむ与名間・松原・浅間コース(12・6キロ)②犬の門蓋など写真撮影ポイントが豊富な徳之島空港・平土野・大津川コース(7・7キロ)③自然豊かな林道などを巡る当部・三京・秋利神コース(16・3キロ)-が開通した。

 

 開通式は当部地区の「茶処(どころ) あがりまた」前であり、県環境林務部の村山浩美次長は「歩くことによって、これまで気づかなかった魅力に触れ、新しい発見ができれば。まずは地元の皆さんに愛され、多くの来島者にも親しんでいただきたい」とあいさつした。

 

 テープカットの後、ウオーキングイベントがスタート。徳之島エコツアーガイド連絡協議会の会員6人が案内役を務め、当部・三京・秋利神コースの一部である美名田林道を周回する約4キロを歩いた。道中は路上のごみ拾いも行い、環境美化にも一役買った。

 

 友人3人と参加した岡前小5年の外立このはさん(11)は「アマミノクロウサギのふんや、いろいろな植物を見ることができて楽しかったが、ごみがたくさん落ちていたのは残念だった。他のコースも挑戦してみたい」と話した。