海洋生物レッドリストに4生物指定

海洋生物レッドリストに掲載された「ゼブラアナゴ」(上)とヒユサンゴ=写真撮影・藤井琢磨さん

海洋生物レッドリストに掲載された「ゼブラアナゴ」(上)とヒユサンゴ=写真撮影・藤井琢磨さん

 環境省が21日に発表した「海洋生物レッドリスト」に、奄美大島周辺海域に生息する種が掲載されている。鹿児島大学島嶼教育研究センター奄美分室特任助教の藤井琢磨さん(30)は、少なくとも絶滅危惧種のサンゴ類、魚類計22種のうち4種を奄美近海で確認している。世界自然遺産登録を目指す中、奄美の自然の豊かさと保全の重要性が示された形だ。レッドリストは環境省ホームページからダウンロードできる。