「喜界島のいきもの展」始まる 町中央公民館

喜界町中央公民館で始まった「喜界島のいきもの展」=22日

 喜界町中央公民館で22日、夏の特別企画展「喜界島のいきもの展」が始まった。島内で撮影された野生生物の写真や標本など約300点を展示。初日から夏休み中の子どもらが訪れ、興味深そうに見入っていた。9月30日まで。

 

 企画展は、島の自然や生き物に対する住民の理解を深めるのが目的。会場には公民館職員の藤崎誠之さん(33)が約5年かけて調査・撮影した資料のほか、町民から一般公募した作品約100点が展示され、リュウキュウアカショウビンやサンコウチョウなどの野鳥、オオゴマダラやアサギマダラなどの昆虫について、特徴や方言名などを紹介している。

 

 初日は親子連れやアマチュア写真家などが訪れ、撮影者から説明を受けたり、集落によって呼び名が異なる虫の話をしたりして、展示作品を通し交流する姿が見られた。

 

 写真を提供した赤連の佐藤良子さん(70)は、普段からカメラを持ち歩き喜界島の自然を撮っているという。「二度とない時間を切り取ることが楽しい。作品を見てもらう場があってうれしい」と笑顔で語った。父親と一緒に訪れた吉田光那さん(8)は「羽の色がきれいな鳥や見たことのある虫の写真がある」とうれしそうに眺めていた。

 

 公民館の藤崎さんは「喜界島にもたくさんの生き物が身近にいることを知ってほしい」と多くの町民の来場を呼び掛けていた。企画展に合わせて、8月1日に町役場で喜界島の生き物に関する講演会も計画している。問い合わせは電話0997(65)0229喜界町中央公民館。