「奄美・沖縄」世界自然遺産に  国内登録5件目|ユネスコ

 オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は26日、日本が推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄両県、4万2698㌶)を世界自然遺産に登録することを決めた。希少な固有種が多く、豊かな生物多様性が評価された。国内の自然遺産は10年ぶり5件目。文化遺産も含めた世界遺産は24件目となる。