オオハクチョウ飛来 奄美市住用町

  奄美市住用町山間の干潟に2日、奄美では珍しいオオハクチョウが飛来した。同市名瀬の写真家、浜田太さん(67)が舞い降りた2羽を確認し、水面を優雅に泳いだり、毛づくろいしたりする姿をカメラに収めた。    浜田 […]

アマミノクロウサギ、天然記念物100年

 奄美大島と徳之島だけに生息する1属1種の固有種アマミノクロウサギ。1921(大正10)年に国の天然記念物に指定され、今年で100年を迎える。日本の貴重な財産として保護の取り組みが始まった後も、数々の受難に見舞われながら […]

ティッシュ箱カバー作成 奄美野生生物保護センター

    環境省奄美野生生物保護センターはこのほど、多発する国の特別天然記念物アマミノクロウサギなど野生動物の交通事故防止を啓発するティッシュボックスカバー1千枚を作成した。世界自然遺産登録を目指す奄美大島、徳之島の観光施 […]

喜界島にナベヅル飛来 6年ぶりに確認

 喜界島に希少な渡り鳥のナベヅル1羽が飛来し、住民らの間で話題になっている。同島でナベヅルの飛来が確認されたのは6年ぶり。    喜界島サンゴ礁科学研究所理事で野鳥にも詳しい喜界町の伊地知告さん(65)によると […]

笠利エリアも開通 奄美トレイル

  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録に向け、県が奄美各島でコース設定を進めている「奄美トレイル」の笠利エリア開通式が20日、奄美市笠利町のあやまる岬観光公園であった。式後にトレイルウオークが […]

北半球初記録のハゼ確認 鹿児島大学

 鹿児島大学は17日、瀬戸内町の大島海峡で採集されたハゼが、北半球で初記録となるハゼ科キララハゼ属の魚類であることが分かり、「ホコサキキララハゼ」の和名を付けたと発表した。    学名は「アセントロゴビウス リ […]