原さん3位、奄美勢健闘 民謡民舞少年少女全国大会

実力が高く評価された奄美の出場者と指導者=4日、東京・品川区

 2021年度民謡民舞少年少女全国大会(文化庁・日本民謡協会共催)は4日、東京の品川区立総合区民会館「きゅりあん」であり、北海道から沖縄まで各地の予選を勝ち抜いた小中学生が自慢ののどを披露した。奄美関係では小学1~3年生の部で原美波さん(朝日小2年=あやまる会)が3位、同4~6年生の部で津畑杏朱さん(奄美小5年=同)が5位に入賞。中学生の部でも朝岡歩紀花さん(赤木名中3年=山ゆり会)が4位に入った。

 

 朝岡さんは「今回で6度目の全国大会出場。過去最高の結果に手応えを感じている。高校生になったら、青年の部にエントリーすることになる。研さんを積み、上位を目指したい」と力を込めた。

 

 奄美からは今回、8人が出場。中学生の部では、峰岡歩嬉さん(北中2年=奄美芸能徳之島)が9位、千田真帆さん(赤木名中1年=山ゆり会)が10位に入った。