古澤さん、青年の部制す  奄美シマ唄日本一大会

感情を込めて「雨ぐるみ」を歌い上げ、青年の部を制した古澤さん=19日、県奄美パーク

 奄美シマ唄日本一大会(公益財団法人日本民謡協会奄美連合委員会主催)は19日、奄美市笠利町の県奄美パークであった。青年、壮年、中年、高年、翁松、錦寿の6部門に奄美各支部から60人が出場。青年の部は古澤奈那美さん(瀬戸内会)が制した。6部門からの入賞者18人が来年開催が予定されている(場所、日時未定)九州大会への出場を決めた。

 

 大会は新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催。日本民謡フェスティバルの九州大会の予選で、高校生から80代後半まで幅広い年代の出場者が日頃の鍛錬の成果を披露した。唄者の平田まりなさんと中村瑞希さんがゲスト出演し、花を添えた。

 

 各部門の入賞者は次の通り。(敬称略)

 ▽青年 ①古澤奈那美(瀬戸内会)②鈴木侑(山ゆり会)③指宿桃子(奄美芸能徳之島)④成瀬茉倫(北大島会)⑤萩原かほ(あやまる会)▽壮年 ①松崎博文(北大島会)▽中年 ①山久広男(名瀬会)▽高年 ①福山幸司(北大島会)②朝木綿子(山ゆり会)③上野小津江(瀬戸内会)④益山由美子(北大島会)⑤川口成美(北大島会)

 

▽翁松 ①福田のり子(瀬戸内会)②平久美(北大島会)③岡村昌子(山ゆり会)④勢田千代美(北大島会)⑤藤山ヨシ子(名瀬ルリカケス会)▽錦寿 ①久保文雄(北大島会)