屋仁川応援CDが完成 セントラル楽器

 奄美市名瀬のセントラル楽器は飲食街・屋仁川を歌で応援する新CD「奄美・屋仁川物語」を15日、発売する=写真。収録曲は9曲、全てタイトルに「屋仁川」が入っている。セントラル楽器は「奄美、屋仁川を元気にするための歌って踊れる曲が完成した。多くの人に口ずさんでほしい」とPRしている。

 

 奄美市出身のシンガーソングライター・いずみしげのりさん(神奈川県在住)が作詞・作曲した。収録した曲名と歌手は①屋仁川チャチャチャ(濱田洋一郎と商工水産ズ)②屋仁川酒場(ひろ&どぅまき姫)③屋仁川小夜曲(こまたまち小夜子)④屋仁川めぐり逢い(境田清一郎&奥絹代)⑤屋仁川恋夜(境田清一郎)⑥屋仁川花(伊東隆吉)⑦屋仁川ワルツ(田中完)⑧時の流れた屋仁川で(いずみしげのり)⑨屋仁川・酔い・良い・ヨイ(サーモン&ガーリック)。全曲カラオケ付き。

 

 CDを企画・制作したセントラル楽器の指宿正樹会長(69)は「コロナ禍の中、屋仁川の飲食店、そして奄美の経済を歌で応援したいとの思いで昨年から、多くの人の協力の下、制作に取り組んだ。10月には全国のカラオケ設置店でも歌えるようになる。CDで練習し、またコロナが収束したらカラオケなどで歌ってほしい」と話した。

 

 CD収益金の一部は奄美の自然保護活動に寄付する。価格は税込み2000円。注文や問い合わせは電話0997(52)0530のセントラル楽器。