コロナ対策初のリモート鑑賞で 沖永良部高校文化祭

劇やダンスで観客を楽しませた3年生の舞台発表=11日、沖永良部高校

 県立沖永良部高校(室屋洋一校長、生徒234人)の第64回文化祭は11日、同校であり、生徒たちが劇やダンス、作品展示などで日頃の成果を発表した。新型コロナウイルス感染防止策として初のリモート形式とし、校外からの観客は招かず、1、2年生は教室で画面を通して舞台を鑑賞した。

 

 舞台は書道部による書道パフォーマンスで開幕。3年生3クラスは、それぞれの特技や個性を生かした劇とダンスで楽しませた。琉球國祭り太鼓、エイサー部は迫力ある演舞を披露。有志団体5グループが歌やダンスで舞台に花を添えた。

 

 前日は1、2年生の動画作品鑑賞と弁論大会があった。