伝統の追い込み漁体験 芦花部小中学校

網に掛かった魚を回収する子どもたち=27日、奄美市名瀬芦花部

  奄美市立芦花部小中学校(今村敏照校長、児童生徒39人)は27日、芦花部海岸で追い込み漁の体験学習を行った。児童生徒や地域住民ら約90人が参加し、大小約100匹の魚を捕獲。伝統漁法で古里の海の豊かさを体験し、交流の和を広げた。

 

 体験学習は同校の恒例行事。例年は他校の児童を受け入れて開催しているが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策で、校区住民に限定して実施した。

 

 児童生徒らは午前中、事前に取った魚を使ってウロコの取り方を学び、午後2時から追い込み漁に挑戦。保護者と海に入り、海面をたたきながら海岸から約50㍍先に仕掛けた網へ魚を追い込んだ。回収した網にはブダイやオジサンなどの魚が掛かり、ウロコ取りなどの下処理をして各家庭に持ち帰った。

 

 参加した小学4年生の夏目秦太郎君(10)は「魚がたくさん取れてうれしい。追い込み漁を経験して昔の人たちの苦労が分かった」と笑顔を見せた。

 

 同校PTA会長の山田洋一さん(39)は「食育は目で見て触ることが一番。追い込み漁を体験することで、魚が食卓に出てくる過程を少しでも知ってもらえたら」と話した。