伝統継承で「ゆしきゃる」初開催 児童らがお年寄りと交流 知名町下平川

イモ餅を食べながら島ムニで交流する参加者=18日、知名町下平川(提供写真)

 知名町下平川字育成会(池田勇夏会長)と下平川老人クラブ(沖良子会長)の交流を通した伝統文化継承活動「ゆしきゃる」が18日、同集落生活館であった。約20人が参加。子どもたちはお年寄りとの交流を楽しみながら、地域の島ムニ(方言)や料理に触れた。

 

 子どもたちに地域の伝統文化を伝えようと初開催。今後も月1回開き、昔の遊び伝承なども予定している。

 

 この日はジャガイモを使ったイモ餅作りに挑戦。老人クラブの宗吉輝子さんが講師を務め、子どもたちと一緒に作った。ゲットウの葉に包んだ餅を蒸している間、牛乳パックを使った手作り鉛筆立て作りも行った。

 

 イモ餅を試食しながら、お年寄りが島ムニで自己紹介し、子どもたちに島ムニに慣れ親しんでもらった。

 

 池田会長は「最初の活動だったが、子どもたちは一生懸命、楽しみながら作業し、大変有意義な時間を過ごすことができた。これからも子どもたちに島の伝統料理、島ムニを継承させるため、可能な限り行っていきたい」と話した。