多彩な体験活動楽しむ 自然の家がやってきた 奄美市笠利町

さまざまな体験活動があった「自然の家がやってきたin笠利地区」=27日、奄美市笠利町

  県立奄美少年自然の家主催の「自然の家がやってきたin笠利地区」が6月27日、奄美市笠利町の太陽が丘総合体育館であった。いろんな体験活動があり、子どもたちは楽しいひとときを過ごした。

 

 活動の種類は、マグネシウムなど金属の棒に鉄の板などをこすりつけて火花を起こす「火起こし体験」や、和紙に染料を染み込ませて作る「折り染めうちわ」などさまざま。あちらこちらで親子一緒になって、真剣な表情で活動に取り組む姿が見られた。

 

 家族で参加した節田小学校4年の藤田麻里菜さん(9)は「好きな色を使ってきれいなうちわが出来ました。次は巨大シャボン玉をやってみたい」と目を輝かせていた。