大和中、雨天下の力戦奮闘 体育大会、中止や延期も 奄美群島各小中学校

競走系種目を中心に熱戦を繰り広げた大和中体育大会=12日、大和村

 奄美群島各地の小、中学校で12日、体育大会や運動会があった。大和中学校(抜水茂樹校長、生徒30人)の第11回体育大会は雨天下で行われ、生徒たちはびしょ濡れ、泥んこになりながら力戦奮闘。一方で新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催を延期、中止する学校もあった。

 

 大和中体育大会のスローガンは「力戦奮闘~全力を尽くし仲間とともに勝利の道へ」。開会式で、3年生の元山漣生徒会長は「東京五輪で活躍したアスリートのように、コロナ下で開催できることに感謝し、精一杯戦い抜く」と宣誓した。

 

 感染予防のため短縮日程で実施した。競技の部は生徒同士の接触が少ない競走系6種目で、応援の部は2種目。応援合戦ではフェースシールドを着用し、飛沫防止を図った。紅白対抗で、紅団が競技の部、白団が応援の部をそれぞれ制し、総合成績は紅団が勝った。

 

 選抜男子100㍍走で連覇を果たした2年、林琉葵刀さんは「2年連続、雨でグラウンドコンディションは悪かったが、コロナ下で種目が少ない分、一つ一つの種目で全力を出し切れた。総合優勝ができなかったので、来年は雪辱を果たしたい」と話した。

 

 同日に予定されていた体育大会については、喜界中が中止し、奄美市内の各中学校が延期。実施した学校も規模を縮小するなど、新型コロナの影響が出た。