大賞は民さん(名音小)、福岡君(亀津小) やせいのいきもの絵画展 奄美野生生物保護センター

「やせいのいきもの絵画展」の入賞者=18日、大和村思勝

奄美群島の小中学生を対象にした「第22回やせいのいきもの絵画展」の表彰式が18日、大和村の環境省奄美野生生物保護センターであった。最高賞の「いきもの大賞」は名音小学校3年の民歩和さんと亀津小学校4年の福岡友輝君が受賞した。児童生徒の作品は2月6日まで同センターで展示する。観覧無料。

 

絵画展は同センターと奄美自然体験活動推進協議会共催。奄美・沖縄の世界自然遺産登録にちなみ、今回のテーマは「世界にじまんしたい!わきゃあまみ」。21校1個人から170点の応募があり、大賞を含め入賞作品12点が選ばれた。

 

表彰式は、新型コロナウイルスの影響で昨年は中止となり2年ぶり。出席した10人がそれぞれの作品について紹介した後、同協議会会長の伊集院幼大和村長から賞状を受け取った。

 

「いきもの大賞」に選ばれた民さんの「真夜中の森にひびく声」

福岡君の「守ろう自ぜんを!」

作品「真夜中の森にひびく声」で、アカショウビンを中心にさまざまな生き物を色鮮やかに描いた民さんは「奄美の固有種はきれいなので、何枚でも書いてみたい」と話した。福岡君は「守ろう自ぜんを!」と題してアマミノクロウサギを迫力たっぷりに表現。「毛のふさふさした感じと、ちぎり絵でたくさんの葉っぱをうまく描けた」と笑顔を見せた。

 

大賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略)

 

▽あざやか賞 大澤李唯子(神之嶺小2年)、榮優築(名瀬小3年)、後藤愛彩(阿室中1年)、宮田蒼大(西阿室小4年)▽ユニーク賞 永田要(今里小2年)、前田栞歩(同1年)、榮優磨(名瀬小5年)、常美里弥(馬根小5年)▽審査員特別賞 徳雷汰(大棚小3年)、元優誠(奄美小2年)