秋名歩道橋にお絵描き 青空の下、児童20人 龍郷町

舗装前の橋面にペンキで絵を描く児童ら=6日、龍郷町秋名

 龍郷町の秋名川に開通する歩道橋で6日、近くの秋名小学校(平田郁夫校長)児童20人が舗装前の橋面にペンキで絵を描いた。白いコンクリート面は、色彩豊かな生き物や乗り物、言葉などでいっぱいに。青空の下、楽しむ児童らの声が広がった。

 

 橋は長さ約29㍍、幅約2㍍。県総合流域防災事業の一環で、河川改修に伴い架け替えた。お絵描き行事は、工事を請け負うコーアツ工業㈱が県に提案。児童らの絵で埋め尽くされた橋面は同日、上空からドローン(小型無人機)で記念撮影した。

 

 1年生の白久翼君(6)は「広くてたくさん描けて楽しかった」と笑顔。絵は今後、上からアスファルトで舗装されて見えなくなる。同社現場代理人の今村峰人さん(46)は「描いた絵を思い出しながら、毎日渡ってくれたらうれしい」と語った。