竿さん(下平川小5年)に最優秀賞 「住みよい地球」全国作文コン

「住みよい地球」全国小学生作文コンクールで最優秀賞を受賞した下平川小5年の竿さん(中央)=20日、知名町

知名町の下平川小5年の竿はなさん(11)がこのほど、「住みよい地球」全国小学生作文コンクール2021(岩谷産業主催)で、最高賞の最優秀賞(低学年、高学年各1点)を受賞した。2017年の夏休みから家族で沖永良部島各地の海岸のごみ拾いをしていることを題材にした竿さんは「受賞できてうれしい。海の生き物が自由に暮らし、私たちも浜ではだしで遊べるようにごみ拾いを続けていきたい」と喜びを語った。

 

コンクールは、文部科学省や環境省が後援し、児童に地球環境への関心を高めてもらおうと2010年から毎年実施。今年は海外の日本人学校を含む693校から6922点の応募があった。20日は下平川小学校で表彰式があり、岩谷産業の長谷川宏明常務執行役員から竿さんへ表彰状が手渡された。

 

竿さんの作品のテーマは「未来の海を守るために」。竿さんは、台風が島に近づくたびに浜辺が漂着ごみでいっぱいになることが悲しくて「何度もごみ拾いをやめようと思った」が、家族と話し合ってつらい気持ちを乗り越え、「どうせまた台風はやってくる。心配してもしょうがない。できることを続けるぞ」と心境をつづった。

 

マイクロプラスチックによる海の汚染についても取り上げ「プラスチックを悪者だと思いたくない。プラスチックは離島で暮らす私たちの生活を便利にしてくれるから」と訴え、プラスチックごみの資源としての再利用も提案した。